カテゴリ: 食 グルメ

ゴートゥーイートの紙クーポンが実質22%オフで外食できることに気づいた。

 年末に買ったゴートゥーイートの紙クーポンが使い切れずにまだ残っているのですが、先ほどランチで1000円分使いました。その時、凄いことに気づいてしまいました。この紙クーポンですが、16.000円出して20.000円分の食事ができるというものです。20%オフで外食が楽しめる訳です。それだけでも凄いんですが、実はこれ、16.000円分買うときに、d払いで買ったんですよね。d払いって、ポイント還元率0.5%で、これに還元率1%のクレジットカードを紐づけているんで、1.5%ポイントが付くんです。さらに驚きなのが、実際に使うときに、その店が楽天ポイントとかdポイントに対応していたら、クーポン分のポイントもしっかりくれるんです。例えば1200円の食事をして、1000円分のクーポンを使うとしても、総額の1200円にしっかりポイントが付きました。店が100円あたり1ポイントなのか、200円あたり1ポイントなのかにも依りますが、仮に0.5%還元だとしても、先述の1.5%と合わせて2%になるわけです。ということで22%オフで外食が楽しめる。これは、使うしかないでしょ!!!


 追加発行はどうかと思いますが、お得なサービスは活用していくしかないですね。コロナ対策をしっかりやって外食を楽しみましょう。

コロナが大拡大しているにもかかわらず、ゴートゥーイートがしれっと復活している。


 コロナ感染者数が再拡大している。今年の1月末に1日あたり4000人を割り、緊急事態宣言下で1000名程度まで減少させることに成功させたが、昨日の新規感染者が3697名とまた4000名の大台に近づきつつある。これまでと異なり、検査は比較的容易に行えるようになったので、純粋に感染者が増えているかどうかは分からない。また、驚くべきことに、関東首都圏よりも関西圏の拡大が第4波では進んでいる。昨日も東京より大阪、神奈川より兵庫の方が感染者数は圧倒的に多い。

 そして、データを見て気づいたのだが、日本国内の総感染者数もついに50万人を超えた。

 そんななかで、ゴートゥーイートキャンペーンが知らない間に復活している。チェーンのある飲食店で夕食をしているときに気づいたのだが、ゴートゥーイートのクーポンの追加発行が4月から再開されたとの張り紙があったのだ。

 まあ政府のことだから、一回始めた政策を易々と転換できないってそんなことだろう。確かに持ち帰りでクーポン券を使うこともできるし、困窮する飲食店を応援するのはいいことだと思う。僕も買うことを検討しようか。いや、まだ年末に買った分が残っているから、まずはそれを使い切ろう。

マクドナルドのパークアンドゴーをやってみた。


 今日初めて、マクドナルドのパークアンドゴーをやってみました。昼食にマックを食べたかったので、午前中のうちに予約して、お店まで取りに行きました。


 注文は、マクドナルドの公式アプリで簡単にできます。クレジットカードを登録して、オンライン上で決済可能です。初めてだったので、少し迷いながら操作しましたが、慣れればものの1~2分で注文できると思います。


 昼休みに注文した商品を取りに行きました。パークアンドゴー専用の駐車場に車を止めて、店に到着したことをアプリで知らせます。すると、5分もたたないうちに定員さんが商品を駐車場まで届けてくれました。


 驚いたのは、専用駐車場があるので昼時の込み合う時間でも駐車可能ということです。交通整理のおじちゃんに駐車場まで誘導してもらいました。行列のドライブスルーの列をすり抜けて、優先的に駐車場に着いたのです。また、到着してからアプリを通じて到着をお店に伝える仕組みだったのですが、それから他の注文に優先してパークアンドゴーの商品を作ってくれるのです
(多分)。これは、お店に聞いたわけではないのですが、これだけ込み合った時間帯で私の注文を5分で持ってくるには、アプリからの通知が来てすぐに作り始めなければ間に合いません。できたての商品を受け取ることができました。確かに、パークアンドゴーを優先的に作ることで、サービスを使うユーザーも増えるだろうし、車を長時間駐車場に停められることもないので合理的です。


 こういったサービスを知らない人は、いまだにドライブスルーに並んで、ストレスの多い注文方法を続けてしまうのです。便利なサービスは使っていきたいですね。

辛ラーメンの開発者・創業者が死去したらしい

 韓国の食品大手の創業者で、「辛ラーメン」を開発した、辛春浩氏が死去したとのこと。辛ラーメンって、辛いからじゃなくて、作った人の名前が辛さんだから、辛ラーメンだったのか?それとも両方の意味を掛けてるのか、などと由来を考えるのもいいが、このラーメン本当に辛いんだよな。そして、たまーに食べたくなるんだよな。

 日本のそこそこ大きなスーパーには、インスタントの袋ラーメンが売ってますよね。どんだけ香辛料入れとんねんってくらい、入っているんですが、身体はぽかぽかになるし、あまりよくないとわかっていながらも、スープを全部飲んでしまうんですよね。そして、翌日は間違いなく下痢をするという、わが身を捧げる覚悟のある者しか食べられないラーメンです。韓国人は日常的にこんなもの食ってんのか?っていうと偏見かもしれませんが、これ毎日食べれる人は、内臓が強すぎると思いますよ、マジで。

 この辛氏が、韓国社会や国際社会の中でどれくらい名前が通っているのか知りませんが、カップヌードルを作った日清食品の「まんぺい」的な存在なのかもしれないですね。とにかく、上手いラーメンを作ってくれてありがとう。

ファミレスの深夜料金が意味不明なんだが。

 深夜料金を導入するファミレスが増えてきましたよね。大体10%とか上乗せされる感じです。バイトの時給も上がるから、当然という感覚なんでしょうね。僕は仕事柄、結構深夜のファミレスを使う方で、この深夜料金には納得いってないところがあります。

 

例えば、24時閉店の店が22時から深夜料金になる場合、当たり前ですが22時前に入店して注文していれば、深夜料金はかかりません。僕はファミレスで仕事をすることが多いので2時間くらい使うことはざらにあります。しかし、23時に入店すれば、深夜料金がかかるうえに1時間しかお店を使えないのです。

 

 僕の感覚だと、食事の満足度もありますが、結構長居してしまうので、場所を使わせてもらうことも、ファミレスの存在意義として大きなウエイトを占める所なんですよね。だから、深夜料金がかかるうえに、店を使える時間も短いとなれば、損した気分がかなり大きいのです。同じような意見の方も、それなりにいると思います。最近はコロナで、早く店を閉める傾向にあるので、僕みたいなファミレスの使い方をする人とは相性が悪いですね。

↑このページのトップヘ