最近は吉村大阪府知事嫌いが噴出している。

 大阪府の吉村知事って、さわやかでメディアでも人気で、政府や東京都とちがってコロナ対策しっかりやってるイメージが強かったですよね。吉村知事がテレビに出ると、野党が政治アピールに利用されて不公平とか、その分野党にも時間くれとか、訳の分からない構図になっていましたね。

 大阪はいまだに維新の会の影響力が大きいですからね。橋下さんなんかも絶賛して、吉村氏は一躍ヒーロー扱いされています。ただ、今回の第4回緊急事態宣言を引き起こしたのは、間違いなく大阪を含む関西圏で、吉村知事の手腕が少しづつ疑われはじめており、小池東京都知事なんかは笑いが止まらないのではないでしょうか。吉村氏、小池氏、そして菅総理と、国、自治体のトップ通しが、誰のせいでコロナが収束に向かっていないのか、擦り付け合いをしているようにも見えるし、メディアはそれを面白おかしく煽っているしで、日本は相変わらずクソだなと印象を持ちます。

 いずれにせよ、国政はオリンピックも含めて総裁選や選挙やら政治イベントが続きますし、日々のコロナ感染者数や病床ひっ迫率といった指標に加え、コロナ対応でいかに戦っているかをアピールすることが、政治家の振る舞いというものです。

適当に文章を作っていると、日本語がめちゃくちゃになっていそうですが、まあいいです。