2022年01月


日本では、
医師にしかできないこと
弁護士にしかできないこと
公認会計士にしかできないこと

みたいな専売特権が結構ある。

先生なんて敬意を込めて言われているが、
そこにヤツらの利権がある。。。

本当に技術的も判断の難易度的にも、こいつらしかできないことなのか???

よくよく考えてみたほうがいい。


例えば、日本では中絶手術に掻爬法という
金属の器具を使って支給から胎児を掻き出す外科手術を行っているが、他の先進国ではほとんどやっていない。

なぜ日本だけこれを続けているかと言うと、
技術的に高度だから経験を積んだ医者がやるべきという、謎の不文律があって、

医者がその技術を独占しているからだ。
そして、中絶で稼いでいる連中がいるのである。

全く笑えない。

中絶は一例として提示したが、結局、エリートの奢りで、難しい試験を突発した僕らだけがそれをやらないと、社会が変な方向に進んでしまうみたいな、必ずしも間違いではないが、勘違いを助長しかねない思想がまかり通っている。クズエリートどもをどうにかしたいと思う、今日このごろ。

 レコメンドにステハゲの最新動画が出てきたのだが、、、

 関東はここ数日寒くて雪が積もったりもしていて、ステハゲは久々に変態キャラと粉雪熱唱を披露してくれて、感慨深いものがありましたね。

 近所迷惑なレベルでの熱唱、どこで歌ったんでしょうね。

 そして、彼も年を取りましたねwww


とある喫茶店でひとりお茶していると

隣の席から夫婦が子どものお受験について
あーだこーだ言っていった。

そうか、受験シーズンだもんな

そして、塾講師のレベルが低いだの
浪人したらどこの予備校に通わせるかだので
議論は白熱

受験生の子を持つ親は大変だ。。。

教育関連の市場は、少子化とはいえ
これからも狙い目かも

 セルティックに移籍した前田大然が、早速スコットランドの地で人種差別にあってるみたいですね。

 チームメイトの古橋も相当やられてるみたいで、結果で黙らせてる的なカッコいい話もあるけど、結果と人種差別は全く関係ないよね。

 人種差別の感覚って、日本人にはなかなか分からないんだよね。。。とりあえずタブーな発言とか扱いはなんとなくあるから、それだけ気をつけてれば、日本では一応差別してないみたいになるけど

 普段自分ごととして、ほとんど意識することがないからな。

 いけちゃんという秋田出身の女の子が大人気で、とにかく男心を知り尽くしているな感がハンパない。

 本人はメンヘラぼっちを主張し、理系女子ということで、これをすべて信じるとして、彼女の雰囲気や佇まいからもそんな感じは窺える。

 とはいいうものの、誰かがプロデュースして仕込んでいるのではないかというくらいの計算ぶりで、こんな品のない露骨な戦略に男どもがまんまとハマってしまうから、男という動物はどうしようもない。

 男ウケ、特にネット界隈に住みついているリアルでモテなさそうな男どもがいかにも食いつきそうな点が多々ある。

1 童顔だが、セクシーで色っぽい
2 メンヘラ(自称)でほっとけない感じ
3 薄着でスタイルがいい
4 喋り方が独特
5 好物や嗜好が独特
6 理系でちょっと知的

 コンテンツ化、キャラ化が成立しており、もはや何をしてもポジティブに捉えられるような好循環が生まれている。

 女性ファンも意外といるのだろうか???

↑このページのトップヘ