交番内でセックスした20代の女性巡査部長に懲戒処分


 兵庫県警は、交番勤務の30代男性巡査部長と20代女性巡査部長、20代男性巡査長の3人を警察署内や交番内で性行為やわいせつ行為をしたとして、懲戒処分にしたみたいですね。巡査部長と言えば、交番で一番偉い人です。女性と20代巡査長の不倫関係の方が先で、女性ひとりで勤務していた交番に
LINEで「差し入れに来て」と誘って、交番内でプレイに及んだとか。「挿し入れ」ってか。そして、その後ふたりは別れたものの、この女性は次に30代巡査部長と不倫関係に陥って、警察署内で夜な夜な密会していたとか。この女性巡査部長と、20代の男性巡査長は処分に伴い依願退職したそうだが、30代男性の方は不明。それぞれ不倫関係ということで、誰が既婚者かは分からないですが、女性は独身だったかもしれないですね。


 しかし、バカというか、どうしようもない人たちですね。警察って狭い組織ですから、誰かが噂をかぎつけてチクったんだろうなと想像に難くないですね。

 また、ネタになるからでしょうが、この女性巡査部長ばかりがとりあげられていますね。これこそ、LGBTとかフェミニズムの支持者は声を上げないといけないのでしょうか。