1年半前にも投稿しましたが、最近アマゾンで電子機器の安っぽい商品をよく買っているのですが、星5投稿したら2000円分のアマギフプレゼントってカードが3連発で入っていたので、未だにこんなことしてる業者あるんだと、あきれた。

 まあアマゾンは悪くないんだけどね。
 評価が操作されているから注意が必要ですね。

 しかも、ご丁寧に評価のやり方の説明には、このアマギフプレゼントカードのことは書くなとか、写真に写して投稿するなとか、酷い話です。

 安いものには理由がありますね。
 レビューの評価が高すぎる商品も信用しないほうがいいんでしょうね。



2021年 3月7日 投稿
アマゾンのレビューが信用できない理由
http://tamagoeggtoast.com/archives/9360396.html

 先日、誰だったかユーチューバーが大学卒業してからのステハゲが面白くないのは、敵がいなくなったからと、全くそのとおりだなと思いました。ステハゲは中央大学を叩いて視聴者が伸びた男だからな。卒業してからも見続けてたけど、気づいたら見なくなった。ユーチューバーの栄枯盛衰??
 いや、知らないだけで今もめちゃくちゃ活躍しているのかもしれないな。
 結婚して、子どもも生まれたんじゃなかったっけ?
 


2022年1月2日 投稿

最近は、しょうもない系のユーチューバーを追いかけることも少なくなった。悪く言っているんじゃなくて、時間を忘れてしまうほど、下らないのに面白いユーチューバーのこと。。。

 ステハゲを見出したのは、まだ彼が中央大学と喧嘩していた頃、試行錯誤しながらユーチューブに旋風を巻き起こしており、10歳くらい年上の僕は、ヒヤヒヤしながらも楽しませてもらった。

 当時のステハゲは、金欠だったということで、それでもユーチューブでかなり稼いでいたとは思うけど、普通のサラリーマンくらいじゃないかな、バズり動画が当たったときは100万くらい稼いでいたと思うが。

 彼にアマギフをプレゼントしたのが懐かしい。

 そして、今年末は大量のプレゼントが視聴者から届いており、ネットの人気者と化している。

 引きこもりのぼっち系ユーチューバーというのは、本人が否定していたが、若くして結婚し、巨万の富?を築いて、これからもファンを楽しませてほしいものだ。

 大学生の頃以来、Kindleで三島の小説を買ってハマってます。

 学生の頃は小難しくて、面白いと思わなかったのにな、三島の美しい日本語に感嘆しています。

 仮面の告白や宴のあと、金閣寺が特にお気に入りですね。
 三島って本人も吃音持ちだったのでしょうか、物静かで頭のなかで色んなことを考えている思慮深い青年だったんでしょうね。

 いち小説家にしてメディアに出まくっていたのは、その反発からでしょうか、コンプレックスの裏返しで目立ちたがりになったのだろうか。

↑このページのトップヘ